teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとう

 投稿者:こころ  投稿日:2009年11月26日(木)21時44分29秒
   ご無沙汰しているうちに季節は廻り、今年も残り僅かとなってきましたね。
早いもので、私が念願の訪問看護に異動になって、今月で3年目に入りました。

 最近は在宅での看取りを希望される方が増え、ターミナルの利用者様が多く
なっています。ほんの数ヶ月(中にはたった2回の訪問で亡くなられた方もい
ましたが)の短いお付き合いですが、それぞれの方がそれぞれの生き様を見せ
て下さり、私の胸の中に思い出として残っています。
 最期はほとんどの方が会話を出来る状態ではありませんが、不思議なことに
一時的に回復される時があり、「ありがとう」の言葉をかけて下さいます。
その「ありがとう」は、私の心の栄養となって、頑張る力を与えてくれます。

 この頃よく「私が人生の最期を迎えるとき、周囲の人にありがとうと言える
だろうか」と考えることがあります。痛みや倦怠感があるかもしれない。「も
う触らないで。放っておいて。」と言いたいかもしれない。私なんて人間がで
きていないから、悪態ついているかもしれないなぁ。でも、できるなら最後の
言葉は「ありがとう」にしたいな。などと考えているのでありました。
 
 

閉鎖・・・・・・・

 投稿者:小林 征勝  投稿日:2009年 4月28日(火)14時46分44秒
編集済
   先生 残念です 地方の中規模病院 公立病院の縮小・閉鎖が相次いでますね

 財政的なのでしょうが 医療側に対する厚労省のガンジガラメの規制も 医療側が 利益を出しにくいようになってきてるようで ジェネリック医薬品までも制約されて まったく 医療の側にうま味がなくなったので 病院経営も大変なようですね
 我々 患者の側にも 高額医療費助成の条件も変わり 定期検診の期間も きっちり決められてしまってます

 医師は 公立大学でも 私学でも 国の助成金が入っています ですから医師になったら 医師個人の利益(肉体的に楽して儲かる科ばかりに集まらず また 社会奉仕の精神を持って欲しいものです 医師になるには 莫大な血税が使われてることを もっと自覚して欲しいですね 何か 自分一人で 医師になれたような 錯覚をしているようです)

 残念ながら 医療・福祉の後進国になってしまったようです 規制緩和も 個人の自由が エゴが 先に出て 義務を課す部分が抜け落ちていたようです しかし 医療費削減を推進する厚労省は 医療費が掛からなければ 無視してるようですね

 先生 今後は どうなるのでしょうか


 寒椿さんも 閉鎖ですか 寂しいな・・・・・
 

閉鎖ネタ・・

 投稿者:寒椿  投稿日:2009年 3月21日(土)02時44分1秒
  わたくしのサイトは閉鎖いたしました。センセはじめ、皆様ありがとうございました。
って、サイトなんてどーでもいいけど、病院がなくなるって・・
大変ですね。ごめんね、センセそれしか言えなくて。お身体、気をつけてください。
 

カウントダウンです

 投稿者:悩める内科医  投稿日:2009年 3月18日(水)01時07分33秒
  後2週間弱で病院が消える・・・慌ただしいけれど、空しい気もする毎日です・・・  

95歳の母

 投稿者:かずこメール  投稿日:2009年 2月25日(水)11時41分20秒
  悩める内科医先生のアドヴァイスで訪問看護も実現できました。そのため精神的落ち着きを取り戻して過ごしておりましたが、ここ2週間ほど軟便が止まらず、タンナルビンを少しづつ増やしても(最初は半分で3日前から一袋になりましたが)きかなくなってしまいました。本人は寝たきりになるまいと必死に歩く練習をするのですがそのたびに出てしまうのでまた寝てしまいます(寝ている時は出ないようです)悩んでしまいます。様子を見てまた若先生に聞いてみようと思っていますが、食欲はあり、気持も頑張って詩歌も作って楽しんでいるのですが、内臓が言うことをきかなくなってしまうことも終末期の実態でしょうか。まだ諦めたくないのです。先生のご意見またはどなたかこういった状態の介護経験がおありでしたら呟いていただけたら幸いです。  

的確なアドバイスを有難うございます。

 投稿者:悩める終末期の母をもつR子メール  投稿日:2009年 2月10日(火)01時40分17秒
  先生お忙しいところ的確なアドバイスを戴きまして有難うございます。

2月5日に帰ってまいりました。今のところ入院中の継続のようで、1,000ccが続いています。Drは少し余らせて1日1回の取替え時に余った液を捨てるようにしましょう。少ない方が本人の負担も少ないと思います。と云われましたが、今朝の余りは50㏄ぐらいでした。

入院中に手がグローブみたいになりました。その後ある程度引いています。

現在の静脈まだ洩れてはいないようですが、ふくらんでいるいるところがあるので、今度はどこにしようかナースが悩んでいらっしゃいます。で今一番心配していた褥傷が在宅1日でできはじめました。ナースは「大丈夫ちゃんとやりますから、心配しないで。」と云ってくださっています。エアーマット<クレイド>で最初傾斜8度が小柄な母には駄目だったようで、今日20度に切り替えられました。

訪問看護1回、介護午前午後で2回、週1回(今日)入浴の体制ですが、日によって来られる方が変わりますし、連絡帳で状態をつかんでくださっているようですが、暗中模索状態のように思われます。ただ意識はしっかりしています。家に帰ったということは判っています。夜はベッドを並べて寝ています。嬉しそうです。私も嬉しいです。

実はわたし自身がアスベスト円形無気肺で中皮腫になる可能性が高いとのことで、一人っ子の自分が元気のうちに、母をやすらかに逝かせてあげたい。

また、入所施設にお世話になっていました知的障害の娘を、今なら一緒に暮らせると思い半年前に自宅に引取ったばかりです。母の次は娘を幸せにしてあげたいのです。

母には、心やすらかに、できるだけ早く楽にしてあげたいというのが、一番の願いです。
夜、赤ん坊を寝付かせるように、額の辺りを撫でていてあげると、やすらかな表情で眠りに入ります。このまま逝けたら最高なのですが…。今からまだまだ大変が待っているのでしょうね…。

先生、知りたかったことがよく判りました。ご多忙中本当にありがとうございました。

     悩める終末期の母をもつR子
 

お返事が遅くなりました

 投稿者:悩める内科医  投稿日:2009年 2月 9日(月)22時58分41秒
  R子さん、もう在宅療養は始まっているでしょうね・・・遅くなって誠にすみませんでした。
1000ccの点滴ですが、場合によると思います。
中には500ccでも浮腫んでくる方もいますし、1000ccでも浮腫まない方もおられます。しかし、いずれにしてもかなり進んでくるといずれは浮腫が出てくるようです。
私の場合は、浮腫を見ながら点滴量をご家族と相談して減らしてゆきます。最期の時は脱水気味の方がご本人は楽なようです。
往診されている先生とご相談されると良いと思います。

どのくらいか・・・
これは何ともいえません。500ccの点滴でも1ヶ月以上安定している方もおられます。
合併症(肺炎など)を起こせば急激に変化があるかもしれないし・・・
そのためにも、往診と訪問看護の利用は必要だと思います。

点滴の意味ですが・・・難しい問題だと思います。
全く点滴をしないよりは長く生きられるとは思います。
問題はその間の介護の環境と、ご本人の安らかさと、ご家族の死生観が大きく関係してくると思います。
ただ、今どちらかを選択しても、いつでも変更できるという事を覚えておいてください。

今回もまた大してお役には立てないお返事になりそうですが、お許しください。
在宅療養が穏やかに過ぎますようにと祈っております。
 

悩んでおります。アドバイスをよろしくお願い申しあげます。

 投稿者:悩める終末期の母をもつR子メール  投稿日:2009年 2月 5日(木)02時02分48秒
  お忙しいところを申訳ございませんが教えてください。よろしくお願い申しあげます。


前回お話いたしましたことですが、母が1月6日の昼食後に食べ物を詰まらせ、呼吸不全におちいりまして、病院の応急処置にてなんとか一命をとりとめました。そして、それ以降ビーフリード1000ccの点滴を一日24時間かけて補給して戴いておりますが、既に1ヶ月経過いたしました。

現在点滴は足の静脈から、左手の甲に射しかえられています。右腕は内出血で真っ黒になっています。可哀相でなりません。院長回診時、院長先生からは「よくもって後2~3ヶ月です。」と云われました。「先生、もう覚悟はできています。ただ痛みだけはとっていただきたいです。あとはやすらかに逝くことのみを願っております。」とお願いいたしました。すると「もっと絞りましょう。」とおっしゃいました。

それから既に10日過ぎました。点滴の量は変わらず1000ccのままです。

「延命策はしないで!。メスを入れたことがないので、切ったりしないで!」と常云っていた母なので、どうしてあげれば良いか悩んでいます。

ターミナルの母に1000ccの点滴は意味があるのでしょうか?またこのままをつづけてどれぐらい生きられるものなのでしょうか?

先日、在宅ケア専門のクリニックを区役所から紹介していただきまして、金曜日には自宅へ帰ってくることになりました。現在ケアマネの方が在宅ケアのプランニング中です。これで母をやすらかに逝かせてあげられそうです。

でも「1000ccも輸液していたら、亡くなった後に皮膚から水がふきでてきたことがある。」と記されたDrの体験記事がネットに載っていましたので、不安です。

お忙しいところを誠に申訳ございませんが、アドバイスをよろしくお願い申しあげます。


「悩める終末期の母をもつR子」より

(<開設者へのメールはこちらから>へメールいたしましたがエラーになりました。)
 

今すぐアドバイスを…

 投稿者:悩める終末期の母をもつR子メール  投稿日:2009年 1月30日(金)11時44分53秒
  はじめまして。

脳梗塞で約6年半前から療養型施設にお世話になっていいます94歳の母に、一人悩んでいる娘(71歳)です。

今月6日に気管が詰まり、迅速な病院の処置により、危うく一命とりとめましたが、胃婁はお断りして、点滴のみしていただいていrます。でも意識がはっきりしていますので、切ない気持です。

<事例紹介>の「ちよこさん」の記事をよませていただき、このちよこさんとお話をしてみたい、いろいろお伺いすることができたらと、切ないきもちです。もし叶うなら「ちよこ」さまと電話でアドバイスをいただけたらと、願っています。

お手数ですが、「ちよこ」さまににおはかりしていただけませんでしょうか?Drからは、「すぐかも知れないし、よくもってもあと2,3ヶ月」と話をされ、すでに1週間経過いたしました。なにとぞよろしくお願い申しあげます。

(<開設者へのメールはこちらから>へメールいたしましたがエラーになりました。)
 

色んなことの締めくくりの年末

 投稿者:悩める内科医  投稿日:2008年12月31日(水)13時27分19秒
編集済
  寒椿さん、年の瀬に良いお話を聴かせていただきました。いつもありがとうございます。m(__)m

こちらは、今日で一般病棟の最終日です。明日からは緊急入院はさせてあげることが出来ません。往診を切ったわけではないので、手足もがれ状態です。どうなることやら・・・
で、私は明日から既に24時間勤務が(=_=)
慌しく色んな事が流れ去る今日です。

とにかく、皆さん今年もお世話になりました。m(__)m
良いお年を!(^O^)
 

レンタル掲示板
/42