teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 夏の山の写真も掲載してしまうスレッド(みなさんよろしく~)(9)
  2. 農大山の会OB会関連(2)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


収穫祭

 投稿者:大門  投稿日:2017年11月 1日(水)09時48分25秒
返信・引用
  今、出張で日本に来てます。
収穫祭行く人いる?
それとも連休に山小屋行く人いる?
 
 

ご近所の会開催のご連絡

 投稿者:岡田 豊  投稿日:2017年 9月 7日(木)06時35分16秒
返信・引用
  関係者 各位

今年もご近所の会が開催されます。
今年の開催者は岳友会で日程は下記の通りとなっております。
参加できる方は岡田、または吉岡さんまで9月29日までにご連絡お願いします。




突然のメールで失礼致します。私、早稲田大学岳友会の井上と申します。今年度より岳友会の
代表を拝命致しました。よろしくお願い申し上げます。
早速でありますが、北山「ご近所付き合いの会」の今年度幹事として添付の書面の通り開催の
ご案内をさせていただきます。
皆様の、奮ってのご参加をお待ちしております。
なお、別途書面にて、改めてご案内をさせていただきます。まずは取り急ぎご連絡まで。

早稲田大学岳友会 代表 井上啓治

ご所付き合いの会」開催のご案内

残暑厳しき折、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。今年は天候不順が続き、

なかなか山小舎利用にもご苦労されたのではとご推察申し上げます。

さて、恒例となりました「ご近所付き合いの会」も4回目を迎え、今回は当

岳友会と小林山荘の小林雅文さんとの共同主催で、下記の通り開

催させて頂きます。

皆様の、奮ってのご参加をお待ち致しております。


日時
2017年10月21日(土)  4:00P.M.~

早稲田大学岳友会 山小舎内
内容
各会、各自の自己紹介後は特段の予定はなく、懇親を深めたいと思いますが、飛び入りのパフォーマンスは大歓迎です。
参加費
1名につき2,000円ほど頂きたく存じます。



 

【ご提案】山小屋の運営について

 投稿者:大沼です。  投稿日:2017年 5月 8日(月)18時42分8秒
返信・引用
  【ご提案】山小屋の運営について
みなさま
お世話さまです。

山小屋の運営に当たり、最初の頃の記憶から現在までを俯瞰しました。
今回、岡田くんが先頭に立って、土地賃貸借契約、改修工事計画・施工管理を行い、予算執行や仮払いもあったと思います。このように仕切り直しをしたときであり、山小屋の運営自体を改善する機会と思います。

この提案に対する対抗案や、この提案を叩き台とする修正提案をお願いします。

山小屋の将来は次の3つが考えられます。
1.現在の関係者が老齢となり、放置し朽ち果てる。
2.誰かが所有管理する。
3.解体し、原状回復し、土地を返す。

少なくとも2.3.にするためには、組織改善が必須です。そのため次の組織を設立したいと思います。

①会名
例えば「農大山の会 山小屋の会」
②会長(責任者)
岡田豊くん
③会員
現に関わる構成員、その明確化。
現役希望者の入会は可能、但し会費徴収は卒業後から。後継者育成が期待できる。
④会計
・最初の建築時出資者と、分かる限り出資金までを明確化。権利の適切な処分。※2.の「誰かが所有管理する」場合重要になる。
・収入、会費合計、会費支払者と支払金額の明確化。
・支払、費目、領収書付き合わせ。
・会計帳簿作成、銀行通帳残高付き合わせ。
・減価償却積立。
⑤全員による監査
⑥年度予算作成、執行

以上は、検討すべき要素です。
2万円の請求時期の後でいいので、11月か12月、岡田くんに総会を開いてほしいです。

もう、みんないい年です。10年後同じように自分の手で改修は出来ません。ガラス張りで山小屋終焉に向け経費積立をしないと不安になります。公平、公正に負担し、納得できることが大切と思います。従前の踏襲では、山小屋が放置され朽ち果てる方向に向かいかねません。
以上、ご検討下さい。

 

ご苦労さまでした。

 投稿者:前川  投稿日:2017年 5月 8日(月)15時25分8秒
返信・引用
  大沼君、岡田君、他農大生の皆さん
ご苦労さまでした。

皆さんの作業風景を見ていると、とても懐かしく30年前のことが昨日のようによみがえってきます。
今、まだ山小屋の姿を見ることができるのは、皆さんのお陰です。
できたら、私もぜひ参加したいのですが、・・・・
次回頑張ります。

金銭的な負担はしますので、口座番号の連絡をよろしくお願いします。




 

(無題)

 投稿者:井藤雅博  投稿日:2017年 5月 7日(日)14時14分17秒
返信・引用
  皆さんお疲れ様でした。
私は連休最後に行ったので、作業はあまりできず、すみませんでした。2万円は振り込み口座が分かり次第振り込みます。
ちなみに、最終的な状況を報告しておきますね。
◯玄関のカギについて
帰る時にどこにもなかったので、施錠しませんでした。ちなみに、岡田君がいずれコピーを作ってくれる予定です。
◯材木の保管について
今回使い切らなかった材木は、雨が当たらないよう玄関左下の床下に保管しておきました。
◯廃材について
マキ用に切って床下に置きました。
◯階段について
トイレとベランダ(トイレ側)の階段は、L字金具で補強したので、当面はこれで不安なく使えると思います。
 

Re: 山小屋修繕の件

 投稿者:松尾  投稿日:2017年 5月 7日(日)13時15分33秒
返信・引用
  お疲れ様です、手伝いに行けなくてすみません。
もう30年たつんですね。口座できましたらよろしくお願いします。

 

お疲れ様でした。

 投稿者:吉岡  投稿日:2017年 5月 7日(日)13時10分41秒
返信・引用
  今回の修繕では岡田君をはじめ、皆さまにご尽力いただきありがとうございました。
山小屋の会費徴収の件、了解いたしました。

大沼さん、荒山さんのお墓の件、どうもありがとうございました。
折を見てお墓参りに行きたいと思ってます。

岡田君、今後も修繕が必要と思うのでタイミングを合わせて集まりましょう。


 

山小屋修繕の件

 投稿者:岡田 豊  投稿日:2017年 5月 7日(日)10時12分22秒
返信・引用
  岡田でございます。

今回のGW期間中、最低限予定していた作業は多くの方々の協力サポートによって
なんとか終了いたしました。
残っている作業はトイレの壁面の残りの張り替え、トイレ中の床の張り替え、
ベランダの張り替えた床材の防腐処理と仮固定などです。
今回作業にきていただいた方々の連携プレーで最低限の作業は完了しました。
貴重な長期休暇返上して名古屋から来ていただいたクライマーの方や
現役農大の方、食事をサポートしていただいた方に感謝と御礼申しげます。

さて今回費用を集計しましたが修繕にかかった費用は232,870円でほぼ予定内となっております。
現状これで運営資金はマイナスになっております。
今使用している山小屋用の運営口座は旧UFJ銀行でちょっと都合悪いので廃帳にします。
新たに個人名義で口座開設いたしますので完了しましたらご連絡します。
集める金額については今回は2万円をお願いする予定です。口座開設後個人宛に個別に
連絡させていただきますのでよろしくお願いします。

30年近く経過した丸太小屋はまだ健在ではありますが痛みが激しく今後修繕費がかかってくる
と考えております。
定期的なメンテナンスと費用の積み立ては継続して運営していくためには避けて通れない
ものですし周りの小屋や地元の関係者の方々も世帯交代が進んで同様な問題に直面しております。
今後少しでも維持運営が長く続けられるよう皆様方のご協力をお願いいたします。

岡田







 

山小屋内のミツバチの巣について

 投稿者:大沼です。  投稿日:2017年 5月 7日(日)08時23分56秒
返信・引用
  山小屋屋内の丸太に3ミリ位の楕円形の穴が所々にありますが、その中に何匹もミツバチが出入りしていました。確認した2箇所は、木工用ボンドを注入して出入りは無くなりました。飛来してきた新たなミツバチは、穴の匂いが変わり穴が分からず探し飛んでいました。
今後山小屋屋内にミツバチが入って来たら、何処に停まるか、追跡し出来る限り木工用ボンドを注入するよう願います。また、屋内屋外の観察も今までよりさらに必要と思います。
よろしくお願いします。
 

Re: GW

 投稿者:大沼です。  投稿日:2017年 5月 7日(日)07時50分16秒
返信・引用 編集済
  吉岡さんへのお返事です。
> 資材の手配等ありがとうございます。
> 私は5/2~5の予定で行く予定にしています。
>
吉岡くん
お疲れ様です。4日に来て5日早朝吉岡くんが帰ったので、山小屋の運営の話が出来なかったですね。

荒さんのお墓の場所を知りたいとのことで、主要な方へはメールしましたが、このブログだけを見ている方もいらっしゃるかも知れないので下記お知らせします。

荒さんのお墓の場所は、荒さんのご実家の裏山に荒山さん一族のお墓があり、20以上?のお墓のほぼ真ん中です。荒さんのお墓は、普通の地下室ではなく、地上で石で建てた立方体の石室です。私達5人10個の目で探し回り諦めかけたとき、現役の1人が側面の荒山雅行さんの名を見つけてくれました。
お墓への行き方は、荒山さんのご実家の前の道を左に行きます。右手のお墓のある裏山を見ながら進み、向かって行きます。車高の高い車ならお墓のところまで入れます。低い車は途中のあぜ道で留めて、3分位歩きます。吉岡くんから地図を描いてくれていわれましたが、以上で分かると思います。
 

レンタル掲示板
/51