teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2008/12/13-sat

 投稿者:fonartメール  投稿日:2008年11月24日(月)20時59分31秒
  2008/12/13-sat
fonart presents
東北テクノPARTY

at SQUALL
open 21:00
with flyer/2000yen [2drink]
door/2000yen [1drink]

dj's
jun konno [life form]
kohta takahashi [muron]
kenta ikarashi [METRO from NIIGATA]
Makoto Ohashi [MARBLE, Sandals from FUKUSHIMA]
TAC [stilldancer from IWATE]
tsutomu [fonart from AOMORI]
shunnichi [fonart,murom]

live
persistence [persistence from YAMAGATA]

vj's
technovision

more info
info@fonart.jp
www.fonart.jp

http://www.fonart.jp

 
 

fonart label night

 投稿者:fonartメール  投稿日:2008年 9月29日(月)19時19分33秒
  2008/10/11-sat
at SQUALL
open 22:00

with flyer 2000yen [2drink]
door 2000yen [1drink]

dj's JUN KONNO,KOHTA TAKAHASHI,TSUTOMU,SHUNNICHI
vj's TECHNOVISION

more info
info@fonart.jp
 

8.9 sat fonart@squall

 投稿者:fonartメール  投稿日:2008年 8月 4日(月)20時19分17秒
  fonart [http://www.fonart.jp]
2008/08/09-sat
at SQUALL [http://clubsquall.net/]
start 22:00
with flyer/2500yen[2drink]
door/3000yen[2drink]

Guest live ; ANDY VAZ [yore , background]

live : PERSISTENCE

dj : jun konno , kohta takahashi , shunnchi


*先着15名様にANDY VAZのライブCDプレゼント!


ANDY VAZ bio

 ANDY VAZはインド人の父とスイス人の母の間に生を受け、クラフトワークと同じドイツのデュッセルドルフ出身。地元を拠点にサンフランシスコ、デトロイト、モントリオール、トロント、ロンドン、シカゴなどから世界中の才能あるアーティスト達を集めbackgroundレーベルをスタート。最初のリリースは Todd SinesやTerrence Dixonなどデトロイトのアーティストの作品であった。その後SutekhやDeadbeat、Jeff Milligan、Akufen、Kit Crayton、Stewert Walker、Geoff White、Frivolous、Portable、Dave Millerなどによる今や伝説とも言うべき傑作を続々とリリース、ディープミニマルテクノを代表、牽引する非常に重要なレーベルとなった。また一方でディープハウス色の強いサブレーベルA Touch of Class/ATCにも着手、ドイツのディープハウスらしい、流麗でメロディックなミニマル的なアプローチが特筆すべきポイント。
 2000年以降はレーベル運営の傍ら、アーティストとしても頭角を現し、自身の作品専用レーベル[---](Sound Variation)ならびにクラブ等でのライブ出演をスタート、当時はまだキャリアが浅かったにも関わらず、2003年には新宿リキッドルームでの4週連続とれま10周年イベントにブッキングされるなどそのライブアクトも高く評価されていた。その後は多数の12"やCDアルバムのリリースを重ねつつ、 2006年に50番目となるコンピレーションと長年お蔵入りだったGeoff Whiteのアルバムをリリースしたのを一区切りにbackgroundは活動を休止させ、ケルンにて新しくYoreレーベルをスタート。蔓延する流行スタイル化したミニマルサウンドに飽きた、リアルな耳を持つ人々のための「原点回帰。心の底からソウルフルでディープな、古き良きハウスとテクノの伝統を感じさせる音楽」をコンセプトに打ち立てた。そしてYoreの最初のリリースはTodd Sinesによるもの。これだけですべてを物語っているようなものだが、Rick Wade、Terrence Dixon、Alton MillerというYoreのラインナップからもANDY VAZ自身の現在の方向性をうかがい知ることができる。
 2005年以来、実に3年ぶりとなる来日。Robert HoodやTheo Parrishの音楽を敬愛してきたというANDY VAZの現在進行形のサウンドに、今後のエレクトロニックミニマルダンスミュージックの方向性のひとつの回答例があるのは間違いないだろう。
[Text by Eiji Fukuda]


http://www.andy-vaz.de/
http://www.yore-records.com/
http://www.background-records.de/
 

5.23 fri fonart@squall

 投稿者:fonartメール  投稿日:2008年 5月 5日(月)15時25分14秒
  2008.05.23 fri
at SQUALL [sendai]
open 22:00
with flyer 2500yen [2drink]
door 3000yen [2drink]

Guest Live : akiko kiyama [op.disk,contexterrior,etc]
http://akikokiyama.com/
http://www.myspace.com/akikokiyama

AKIKO KIYAMA

1982 年東京生まれ。現在はベルリン・東京の2都市を活動の拠点としている気鋭のアーティスト。あざやかな大胆さと繊細な技巧が同居する複層的なグルーヴを伴ったトラック群は現在のテクノ・シーンにありがちな安易なシンプリシティとは異なり、ひときわ強い存在感を放っている。
2002年頃からPC/ソフトウェア・ベースでのトラック制作を開始。
2004年、PortableとLIVEでの共演をきっかけにリリースのオファーを受け、Sud Electronic (London)のコンピレーション12インチ[New Days]にトラック提供。同レーベルからは続いてソロEP [Dimention]を発表。Richie Hawtin、Ricardo Villalobos、John Tejadaをはじめシーンを代表するDJ達に高い評価を受け、ミニマルで液体的とも言える彼女独自のグルーヴは瞬く間にヨーロッパ~北米、そして日本に至るまでセンセーショナルな興奮をもたらした。さらに2005年にはJay Haze主宰のContexterriorから作品リリースのオファーを受け、Richie HawtinのMix CD/DVD [DE9 | Transitions]にも[Like Ancient]をライセンスするなど目覚ましい活躍を見せた。
2006年には田中フミヤと半野喜弘が主宰するop.disc (Tokyo)に参加、yoshikiとのスプリット&コラボレーションEPをリリース。以降もSafari Electronique (London)、Thema (NYC)、Lick My Deck (London)といった世界各国のレーベル群から精力的なリリースを続け、2008年5月待望の1stアルバム[7 years]をDistrict of Corruption (Berlin)よりリリース。

dj : jun konno , kohta takahashi , shunnichi

you must be 18 and over with ID

SQUALL
仙台市青葉区大町1-4-14 B1F
info@clubsquall.net

more info
http://www.fonart.jp
info@fonart.jp
 

FRATENN HIT THE NORTH!

 投稿者:PIЯONメール  投稿日:2008年 3月 9日(日)02時26分41秒
  管理人様、告知失礼致します。不適切な場合は削除しても構いません。
弘前市在住の方には広く見に来て頂きたいイヴェントを紹介します。


FULLMOON EMPIRE PRESENTS
“FRATENN” HIT THE NORTH!!!!

2008年3月24日(月) 弘前Mag-Net
出演 FRATENN(from Tokyo) 、NON(NON BAND) with 石田ハジメ、ヨーコトリヤベ、コスモス
OPEN 18:00 START 18:30
前売り¥1500 当日¥2000(ともに1ドリンク付き)

チケット取り扱い店舗
harappa/asylum/日弘楽器/DENEDA企画/太平洋画房/ビートルーズ/ヘアスペース FINE/フリー・スペース KANEKO

チケットの詳しい問い合わせはzerox0418@yahoo.co.jpまで

貴重なスペースをありがとうございました。
 

[eclater]

 投稿者:shunnichiメール  投稿日:2007年11月11日(日)14時10分37秒
  2007/11/23(fri)
place/kings match box(FUKUSHIMA)

open/21:00

1,500yen(with 1D)

DJ/
shunnichi (muron,fonart)
nagao(koriyama)
van(terminal/fukushima)
 

告知お願いします。

 投稿者:@kitaメール  投稿日:2007年 9月15日(土)12時24分27秒
  ■9/29(sat)
「Ripple」@space4(aomori)
-Kaito「Contact to the Spirits」Release Tour-
22:00- ADV2,500yen(1D) DOOR3,000yen(1D)
Guest DJ:KAITO(Hiroshi Watanabe)
http://www.hiroshiwatana.be/
http://hwblog.exblog.jp/
DJ:Hideki Odagiri,Tatsushi Akita
http://blog.livedoor.jp/hotmailcold/
hotmailcold@hotmail.com

貴重なスペースありがとうございました!!
不適切な場合は削除お願いします。

http://blog.livedoor.jp/hotmailcold/

 

LOGIC

 投稿者:shunnichiメール  投稿日:2007年 8月 5日(日)19時21分7秒
  2007/08/14 [bon]
at ADD ...sendai
open 21:00~
¥2000
2drinks

Dj,s
Maeyama
Takaaki Itoh
Naohumi
Kohta
shunnichi
 

DEADBEAT + CRACKHAUS + STEPHEN BEAUPRÉ JAPAN TOUR 2007

 投稿者:shunnichiメール  投稿日:2007年 5月 6日(日)17時15分29秒
  2007.05.11(fri)at YELLOW 22:00 3,500Yen[1D] 3,000Yen[1D W/F]

DJ : DRUMMATIC [flyrec], SHUNICHI [fonart]
LIVE : DEADBEAT[~scape], CRACKHAUS [mutek, onitor], STEPHEN BEAUPRÉ [musique risquée, mutek],
YASUHARU MOTOMIYA [nordform]

NANO ELECTRONICA LOUNGE SPACE DJs and Live:

HYK, Nobuki Nishiyama [fader], NZA, Fujyou [sidewalk records], Zone-B [the hyponex]
Hosono Takuya [fonart]

COMPUTER AIDED VISUAL ARTS VJs:
Dtox Decks Crew, Banana co.
 

FONART FREE MEDIA

 投稿者:shunnichiメール  投稿日:2007年 4月 6日(金)20時26分1秒
  FONART FREE MEDIA

2007.04.29(sun) at Orange County (HIROSAKI)
open/start 22:00

with flyer: 1500yen(1d)
door: 2000yen(1d)

DJ:
shunnichi
TSUTOMU
TASK

LIVE:
hosono takuya

VJ:
TECHNOVISION

本日よりフライヤーの配布始めました。
皆様チェックよろしくお願いします。
問い合わせ、その他インフォメーションはfonart@fonart.jpまでよろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/4